toggle
2021-03-28

「俳句αあるふぁ」2021年春号「柿本多映の俳句世界」

休刊となってしまうことが惜しまれる「俳句αあるふぁ」の2021年春号に「自選200句で読む 柿本多映の俳句世界」が掲載されています。
『柿本多映俳句集成』(深夜叢書社)の編集に協力したご縁で、今回も全面的にお手伝いいたしました。
やはり200句選となると圧巻。各句集のあとがきも収録されているので、柿本多映入門にはもってこいかと思います。最新句集からの収録句数がもっとも多いのも多映さんらしいですね。

  憑かれたるものまね鳥よ春の暮 『柿本多映句集』「未刊抄」より

こういう句も好きです。

さて、ここからは自慢となります。雑務もろもろは他の人でもできるとして、今回の自分の功績は、後半に使われている写真4枚(2015年〜。最後の1枚は俳句集成のお祝い会なので自分も写ってしまっていますが)を提供したことだと思います。とくに上手ではない普通のスナップ写真なのですが、記念撮影好きが功を奏したようです。みなさんも、好きな作家の写真は撮っておくに越したことはないですよ。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です