toggle
2017-02-01

【掲載情報】「弦」39号に句会報が掲載されました。


おしらせが遅くなりましたが、遠山陽子さんの個人誌「弦」39号に、陽子さん、中村裕さんと3人でやっている「悟空句会」の句会報「ある日の悟空句会」が掲載されました。

あまり流布している雑誌ではないので、裕さんによる前書きを転載します。

悟空句会について
三橋敏雄は生前、主宰誌などは持たず、俳壇的勢力拡大にはほとんど興味を示さなかった。だからその薫陶を受けたものは意外と少ない。その数少ない、敏雄を直接関係に師と仰ぐ遠山陽子、中村裕、佐藤文香の三名が集ったのが悟空句会。句会といってもこの人数だから、気軽に言いたいことを言い合う合評会のようなものである。名称の由来は、芭蕉、敏雄、陽子がそろいもそろって申年生れだという発見に由る。(ちなみに白泉と文香は丑年、三鬼と裕は子年)。加えて白泉が孫悟空を憧憬する一文を残していること。さらに芭蕉が新風を興したのは「猿蓑」。また孫悟空のもとになったインドの猿神・ハヌマーンは詩人でもあった等々、様々な縁ゆかりによって、この名しかないと思われた。平成二十六年十一月二十二日が第一回目で、ほぼ月一回のペースで続けている。言い忘れるところだったが、年齢的にメンバー三名でほぼ三世代をカヴァーしている。(中村裕)

残念ながら私は三橋敏雄さんにお会いしたことはありません。池田澄子の弟子ということで、敏雄は師匠の師匠ということになります。
3人なので、20句ずつ持ち寄り、コメントをし合うだけですが、なかなかないタイプの句会です。

背高きまま老いたれば花野見ゆ  遠山陽子

ロボットアームが捏ねゆく肉の粘りかな  中村裕

イヤフォンの土まで垂れて葛飾区  佐藤文香

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です