toggle
2019-04-22

【掲載情報】「俳句四季」2019年5月号「俳句と短歌の10作競詠」に寄稿しています。

「俳句四季」2019年5月号「俳句と短歌の10作競詠」に寄稿しています。歌人の佐佐木定綱さんとの競作です。

春が来て薄手の服となるヒトを眺めてマヌルネコが知る春  佐佐木定綱「生臭き牙」より

結膜にみづのしわざのうゐるす来  佐藤文香「うゐるす来」より

定綱さんの作品が動物園の連作で興奮して、コメントに動物の話ばかり書いてしまい、すこし反省しています。1歳ちがいなの、知らなかった。

同じ号の「本の窓辺」では、酒井佐忠さんが『柿本多映俳句集成』について書いてくださいました。
このサイトでの紹介を忘れていました。
俳句集成についてはこちらをご覧ください。
『柿本多映俳句集成』(深夜叢書社)刊行のおしらせ

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です