toggle
2019-04-07

【掲載情報】「俳壇」3月号「わがこころの駅」・八上桐子『hibi』推薦コメント

・すでに4月に入って久しいですが、「俳壇」3月号「わがこころの駅」にエッセイと作品を寄稿しました。新宿大好き、という話を書きました。作品5句はすべて新作です。

松過ぎのながら歩きの放つ光  佐藤文香

こちら

 

・川柳作家・八上桐子さんの句集『hibi』の増刷にあたり、港の人の特設ページに推薦コメントを寄せました。肌触りもよく、本棚に置いておきたい一冊です。手に入れそびれていた方はこの機会にぜひ。

夢に意味があってぬるいコカ・コーラ  八上桐子
その手がしなかったかもしれないこと
藤という燃え方が残されている

こちら

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です