toggle
2016-04-15

ハイク*ファン2 生駒大祐


2 生駒大祐 いこま・だいすけ

1987年三重生まれ。「天為」同人。「クプラス」「オルガン」所属。
2015年、第3回攝津幸彦記念賞受賞。
共著に『虚子に学ぶ俳句365日』。

生駒大祐は、いつからか、私の心の友だ。誕生日は1日違いだし(私が2つ年上)、一時期は近所に住んでいて、ふたりでランニングをしていたこともある(すぐ挫折した)。彼は今、就職して少し遠くに住んでいるが、私も彼も強くはない精神を、電話やメールで支え合っているようなところがある。
そんな親友の生駒大祐が、最近面白くなってきている。〈真白き箱折紙の蟬を入れる箱〉〈汝寝ねて夜どほし冬の空があり〉など、決して少なくない量の心情が一句に表現されるようになったのだ。何かきっかけがあったのか、何かに影響されたりしたか。そもそも、今までずっと何を考えていきたのか。彼の句歴を振り返りながら、そのへんを聞いてみたいと思う。

作品60句(クリックすると拡大できます)
ikomadaisuke60ku

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です