toggle
2020-06-14

【掲載情報】「俳壇」2020年7月号に10句&「俳句αあるふぁ」2020年夏号に1句

○「俳壇」2020年7月号に作品10句「エアプランツの花」を寄稿しました。緊急事態宣言下の作品です。

  画面の君へ消毒液負けの手を振る  佐藤文香

この号、堀本裕樹さん、東直子さん、町田康さんの特別鼎談「文学のことば、日常のことば」が掲載されています。口絵は池田澄子さんの「わが俳句道・わが金言」。

○「俳句αあるふぁ」2020年夏号では、「水の歳時記365日」の7月8日のところに一句取り上げていただいています。句集『海藻標本』のなかの「標本」という言葉をつかった(しかし地味な)句です。

この号、特集は「飯田龍太と出会う」。

  柚の花はいづれの世の香ともわかず  飯田龍太『今昔』

  柚子の花君に目があり見開かれ  佐藤文香『君に目があり見開かれ』

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です