toggle
2020-06-05

【掲載情報】「文藝」2020年夏季号に書評を寄せました

刊行後随分時間が経ってしまいましたが、絲山秋子著『御社のチャラ男』(講談社)の書評を寄せています。

こちらからご覧いただけます。→ チャラ男のチャラさのリアリティ

言いたかったことは「浅はかさのリアリティは語彙から整備される」「本書においては、様々な色眼鏡の試着が可能だ」あたりでしょうか。読みやすい連作短編なので、みなさんもぜひ。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です