toggle
2017-07-22

【掲載情報】「俳句」7月号・「俳句四季」8月号


「俳句」7月号「若手競詠&同時批評」・「俳句四季」8月号「俳句と短歌の10作競詠」に、それぞれ10句掲載されています。

「俳句」より
乾きつつ燃ゆる材木聖五月  岡田一実
あらゆるルール若葉二重に映る窓  山岸由佳
のきすだれ唾液が午後をのびてゐる  大塚凱

PL顆粒梅雨あをぞらの響みける  佐藤文香

「俳句四季」より
海に向く背中ばかりの海にきて海もまた後ろ姿と思う  小島なお

日さながらひかり汀をうらがへす  佐藤文香

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です